ザ・サンプラザブログ

「2007年06月」の記事一覧

随想(美しいホテルについて)

2007/06/10 日 20:13

私は、辞書でよく「広辞苑」を活用します。
今回は、「美しい」について解いてみたいと思います。
「美」:1.うつくしいこと。うつくしさ。
    2.よいこと。りっぱなこと。
    3.味がよいこと。うまいこと。
    4.ほめること。
    5.知(知覚・感覚・情感を刺激して内的快感をひきおこすこと。)
「美しい・愛しい」:うつく・し(シク)
肉親への愛から小さいものへの愛に、そして小さいものの美への愛に、と意味が移り変わり、さらに室町時代には美そのものを表わすようになったそうです。
    1.愛らしい
    2.かわいい
    3.いとしい
それでは、現代で「美しい(愛しい)」はどのように使われているのでしょうか。?
たとえばある著名人(デザイナー)が、「テーマの継続・・・」や「感動を作る為に・・・」「きっかけが次の時代を築く・・・」と証言しています。
故にこのことから、「美しい」とは、人間の心理や癒しといった心の作用が働いているだけでなく、三次元的な描写を持ち合わせていることでしょう。また人間は、「美しい海(母なる海=母胎の羊水)に心が感動し、打ち寄せる波に1/fのゆらぎを感じ、そして、心が和らぐ(精神が安心・安定の作用)のです。」
 21世紀のホテルとして、当ホテルはこの「美しい感動」をお客様にご提供するために、またホテルとしての使命・役割を担い、「美しいホテル」としての「景観」「環境」「人」創りに貢献することへの必要性を見出し、「美しくお客様をおもてなし」を課題として、高品質のブランドの「美しい部屋」「美しい料理」「美しい風呂」の進化に希望を託すものでございます。
本間次郎
画像-048.gif
当ホテルからの景観

2007年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

過去の記事

ご予約はこちら
宿泊プラン一覧・ご予約
特典 公式HP限定予約特典あります!
お問い合わせはこちら
TEL.0799-23-1212
トリップAIコンシェルジュ お客様からの質問を人工知能がいつでもお答えします
プロが選ぶ100選の宿 プロが選ぶ日本のホテル旅館100選に33年連続入選、総合と施設部門ダブル入選

プロが選ぶ日本のホテル旅館100選に33年連続入選、
総合と施設部門ダブル入選
淡路島 洲本温泉、サントピアマリーナ内に構える観光ホテル旅館。
全室オーシャンビューの部屋からの眺めは最高です。
春は鳴門明石の桜鯛、夏は沼島の鱧(べっぴん鱧)、由良産赤雲丹、秋は平目や松茸、冬は淡路3年ふぐ等、また伊勢海老やあわび等の新鮮な魚介類、最上級の淡路牛を使用した会席料理等、四季折々の淡路島洲本温泉にきっとご満足いただけます。露天風呂に大浴場、打たせ湯、サウナ、釜風呂(ミストサウナ)など豊富な風呂も楽しみの一つ。洲本温泉のお風呂でゆっくりとおくつろぎください。
当ホテルは淡路島観光の拠点にもおすすめです。うずしおクルーズ、淡路ファームパーク イングランドの丘、兵庫県立あわじ花さじき、淡路ワールドパークONOKORO、北淡震災記念公園などの淡路島観光スポットを満喫してみてはいかがでしょう。周遊観光にもお気軽にご利用ください。

【公式HP限定】最大2,000円分館内利用券付き!